スリランカナビ|yama スリランカ蟹の専門店『ミニストリーオブクラブ』 グルメ|SRILANKA NAVI

スリランカナビ

スリランカの観光情報ならスリランカナビ SEVENGARDEN GUESTHOUSE

MENU CLOSE

グルメ 2017/08/30

レストラン シーフード スリランカカレー 人気 ランチ

スリランカ蟹の専門店『ミニストリーオブクラブ』

その名も「カニ省」

*2017年度「アジアのベストレストラン50」の 国別ベストレストランに選ばれました!


こんにちは

スリランカナビのグルメあざらしyamaです。


「スリランカに来たらコレは絶対に食べるべし」という

巨大な蟹があるという噂を聞きつけ、行ってきましたココ

Ministry Of Crab(ミニストリーオブクラブ)!


直訳すると「カニ省」。


本籍を移したくなるほど魅力的なその「省」は

おしゃれなお店の集まるダッチホスピタルの一角にありました。



シンガポールチリクラブの蟹はスリランカ産

チリクラブといえばシンガポールが有名ですが

そのシンガポールで出される蟹のほとんどが

スリランカ産だということ、ご存知でしたか?

(自称グルメだけど知りませんでした…)


オーナーは日本料理『日本ばし』を経営されているダルシャン・ムニダーサ氏。


当時、輸出の対象であったスリランカクラブの美味しさを

スリランカ国内でも楽しんでもらいたいという思いから

ミニストリーオブクラブをオープンされたそうです。


ランチタイムやディナータイムは予約がおすすめ

平日の午後1時頃に行ったのですが、なんと満席!


スリランカ人以外にも欧米やアジアの観光客など幅広い客層で

みなさん無言で蟹を頬張る頬張る(ああ羨ましい)


店外にも席があり、席数はそこそこありそうですが

ランチタイム(午後1時前後)やディナータイム(午後8時前後)

もしくは大人数で行かれる際は予約をしたほうがよさそうですね。


ミニストリーオブクラブの蟹メニュー

30分後、無事入店。メニューがこちら。


蟹以外にエビや貝類など、シーフード系のメニューが並んでいます。

メニュー数は多くないけれど

調理法を選べたり、食材はどれも国産だったりというこだわりっぷり。



サイズごとに名前が違う!格付けされた蟹たち

メインの蟹はサイズごとに値段が変わり、それぞれに名前がついていました。

XLまではTシャツみたいな名前ですが、ここからがすごい。

Kilo Krab1キロの蟹)、Jumbo(1.1キロの巨大蟹)

Colossal(1.2キロ超えの超巨大蟹)

OMG!!!(1.5キロ超えのOh My GOD!!!な蟹)←もはやサイズ表現ではない


ちなみに、日本のタラバ蟹はだいたい500g1人前だそうです

ご参考までに。

(スリランカ蟹は殻部分の重量があるので1人前はもう少し多いかも)


そして一番大きいサイズ

Crabzilla2キロ超えのゴジラ)もはや蟹ではない

なんでも「クラブ」と「ゴジラ」を合わせた造語のようです。


日本の都市伝説のように「クラブジラが出た!!」と

海外で話題になったことがあるようです。

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2790238/crabzilla-photo-appears-giant-crab-measuring-50ft-lurking-waters-whitstable.html


まっ、Crabzilla 1匹 20,000Rs(約16,000円)なんて

普段のオフィスランチ20回分くらいだし

カードでサッと払っちゃえば

翌月、なんでこんなに残高減ってんだーってガクブルするくらいで

たいしたことはないんですがね、たいしたことは。


でも今回ははじめてだし、ここはおとなしく

スタッフがおすすめしてくれたKilo Krabにしておきました。



まずは前菜?野菜とシーフード

空芯菜のガーリック炒めkankun garlic400Rs

これってどこで食べてもハズさないなーと思います。

積極的に野菜が摂れるので、デブあざらしにはもってこいの1品。



続いて、アサリのバター醤油蒸し(Clams 900Rs)。

小粒ですが、ぎゅっと味が詰まっていて濃厚。

特にこのバター醤油ソースがうまい!飲めます!


ちょっとせこいかもしれないですが

このお皿はアサリを食べ終わった後も下げすにキープしておくことをおすすめします。


のちに登場する蟹のチリソース味に飽きてしまったときに

蟹の身をこのバター醤油ソースにつけて食べてみてください、味が変わってイケます。


そして、エビのガーリック炒めハーフサイズ(1/2 Dozen Black Tiger Prawns 1200Rs)。

まぁどう見ても美味しいですよね、はい(笑)。


エビはソースと種類が選べ、チリソースや先ほどのバター醤油ソースにもできるので

エビも蟹も全部同じ味やん、って被らないように注意しましょう。


また、巨大淡水エビ Large Fresh Water Prawn 1200Rs(1匹)や

オーマイゴッなエビ OMG Prawns 1500Rs/300g〜というのもありましたよ。



ご飯もののカニチャーハン(Kani Chahan 1500Rs)。

香ばしい醤油が香り、蟹の身もしっかり入っていて

日本人なら大好きな味つけだと思います。これは次回もリピ決定!


お待たせしました、蟹の登場です!

今回のメインKilo Crab様の登場です。8000Rs/1kg。


まずは蟹バサミを用意して…


はい、準備万端。

ではご登場いただきましょう、ジャーン!!


いただきます。


うまーーーい!!

(美味しさを伝えようとしすぎて、顔がどアップ…すみませんすみません)


この大きさ、この食べ応え、

昔あこがれたギャートルズの骨つき肉の、蟹版。


大・満・足。


Keep Calm and Carry On(平静を保って普段の生活をしよう)をもじった

Keep Calm and CRAB On(平静を保って蟹ライフを送ろう)のエプロンのとおり、


わたくし蟹アレルギー(でも大好物は蟹)なのですが、平静を保って完食いたしました。



スリランカにいらした際はミニストリーオブクラブ、ぜひ!


スリランカナビのグルメあざらしyamaでした。


ページトップへ戻る