スリランカナビ|SRILANKA NAVI バワホテル「Heritance Kandalama」滞在記 レポート|SRILANKA NAVI

スリランカナビ

スリランカの観光情報ならスリランカナビ SEVENGARDEN GUESTHOUSE

MENU CLOSE

レポート 2017/07/18

バワ建築 レストラン ビュッフェ スリランカカレー スリランカ料理 紅茶(セイロンティー) アーユルヴェーダ スパ マッサージ 名所 人気 ランチ 絶景 ヘリタンスカンダラマ

バワホテル「Heritance Kandalama」滞在記

ぺいぺいさんのスリランカ観光情報


一度行ってみたかったスリランカ!


旅行に行くときは泊まりたいホテルから探して

目指す場所を決めるというホテル重視派の私。


今回、スリランカに行くと決めたものの

いざ調べてみるとスリランカには素敵なホテルの数々。数々。。数々。。。


ここもいいな! あっ、こっちもいい!! 

いや、ここも!!!う~ん。どうしよう。

行ってみたいホテルがありすぎて選べない!!!


そんな感じでホテル検索に明け暮れていたのですが

1つだけ、ココは絶対に行ってみたいと思ったホテルがあったのです。


それがヘリタンス・カンダラマホテル」



世界中を探しても、おそらくここだけであろう

ホテルの外壁が全て自然で覆われているデザイン


スリランカが誇る建築家ジェフリー・バワの最高傑作

とも言われているホテルです。


圧巻の外観はもちろんのこと

ホテル内にもバワ建築を感じられるスポットが多くあるとのこと。


それならば日中はどこへも行かず贅沢なホテルステイを楽しんでみよう!

と計画し、訪れてみました。




まるで美術館のような内装と雰囲気


ホテル館内には

バワがこだわったオブジェがあちらこちらに置かれていました。



どれも遊び心があるデザインでホテル内はまるで美術館みたい!



ホテルの端から端まで約1kmを散歩しながら写真をパチリ。



おすすめスポットNo.1はこちら!



バワが好んだ場所には今も椅子が置かれ目の前の湖を見渡せます。

この日はあいにくの曇り空でしたが

それはそれで幻想的な風景を楽しめました。



私が滞在した時は宿泊客の約9割が中国の方で

普段も中国人観光客が大半とのこと。


彼らは日中シーギリヤなどの観光に出かけてしまうため

日中ホテルに滞在している宿泊客はわずか。


誰にもじゃまされず、ゆったりした時間を過ごせました。




カンダラマホテルの食事


チェックイン後すぐに昼食をいただくことに。


通常、ランチで利用できるのはブッフェスタイルのみだそうですが

今回、3食付きのパッケージプランを予約していたため

昼食はウェスタンスタイルとスリランカスタイルから選ぶことができました。

私はウェスタンをチョイス。



窓際席からの眺めは抜群です!





料理の盛り付けがとっても可愛い!!!

食後にはスリランカ特産の紅茶をいただきました。

やっぱり本場で飲む紅茶は香り豊かで美味しかったです。



ホテル内にはレストランがいくつかあり

夕食はブッフェスタイルで提供するレストランでいただきました。

スリランカ料理を中心に洋食や中華のメニューも豊富でした。



ここで初めてスリランカカレーに挑戦!!!

どれも素材の味を生かした美味しさで大満足!



コラキャンダというスリランカ風のお粥?のようなものは

ココナッツミルクが入っていて甘いお味でした。



夕食は18時頃の早い時間から食べ始めましたが

観光を終えてホテルへ戻ってきた中国人観光客で

レストラン内は大変混みあっていました。


ゆっくり食事を楽しみたいという方は

20時頃からの遅めのディナーがいいかもしれません。




カンダラマホテルのお部屋


ホテルの部屋は

シーギリヤロックが眺められるシーギリヤウィング

ダンブッラ方面を見渡せるダンブッラウィングの2つに分かれています。



今回宿泊したのはシーギリヤウィングのLuxury King Room。


滞在時は霧が濃かったため

残念ながらシーギリヤロックはかすかに見えるかなという程度でしたが

快晴時にははっきりと見られることでしょう。



全室ではないようですがお部屋にはバスタブがありました。




バルコニーでのティータイム。

部屋に置いてあったシンハラ語のカップで紅茶を飲みました。



バルコニーには、なんとサルが遊びに来ました!




ホテル内でアーユルヴェーダ体験


ホテル内には世界のセレブリゾートでお馴染みの

「Six Senses Spa」が入っていました。


オススメを聞いたところ

やはりスリランカならではのアーユルヴェーダマッサージということで

「Ayurvedic Abhyanga」というプランを受けてみることに。

料金は60分で9,900ルピー



施術は自然が見渡せる広々としたお部屋。


ボディとヘアにたっぷりのオイルを染みこませるマッサージで

空港からホテルまで5時間車で移動した疲れが一気に吹き飛びました。




施術時には主にスパセイロンのオイルを使用しているとのことで

スパ内でも販売をしていました。


私も施術時に使用したボディーオイルとヘアオイルを購入。

スーッと肌に馴染む、とっても使い心地の良いオイルでした。


*2017年2月時点



ヘリタンスカンダラマホテルの詳細はこちら

>>「Heritance Kandalama」


ページトップへ戻る