スリランカナビ|ABBY 世界ブランド「ノリタケ」のスリランカアウトレットショップへ行ってみた ショッピング|SRILANKA NAVI

スリランカナビ

スリランカの観光情報ならスリランカナビ SEVENGARDEN GUESTHOUSE

MENU CLOSE

ショッピング 2018/07/01

お土産 雑貨 人気 ノリタケ

世界ブランド「ノリタケ」のスリランカアウトレットショップへ行ってみた

キャンディから1時間の人気アウトレット


こんにちは、ABBYです。


スリランカの観光で人気のエリア、シーギリヤとキャンディ。

その2つのエリアを結ぶ山道の途中に、日本の有名な陶磁器ブランド「ノリタケ(Noritake)」の工場とアウトレットショップがあるということで行ってみました。


この看板が目印です。ぼんやりしてるとうっかり通り過ぎてしまいそう。


看板にはこの先100mとありますが、もう絶対100m以上進んだよね?と若干不安になってきたあたりで、工場のエントランスとその横にある可愛らしいアウトレットショップが見えてきました。






さっそくノリタケアウトレットショップの中へ


まず目に入ってきたのは高級ラインぽい食器セット。デパートのディスプレイみたいで一瞬ドキッとしましたが、ちゃんとアウトレット価格のようです。


日本やコロンボの街中で買うよりもお得そうだし、アウトレットといってもかなり状態のいい製品が多い印象。


食器類は重いし、割れそうだし、持って帰るのがちょっとなぁと思いつつ、このあたりで、どれにしようかと選び始めている自分に気づく。


スタッフさんによると、ネームの上にはアウトレットの印である”キズ”があえてつけられているそうです。底の部分なので、まぁいいでしょう。



さらにお店の奥へ進むと大量のアウトレット製品が山積みに!


一見雑然と置かれていますが、手にとってみるとキレイな状態で、欠けたりしている心配はないようです。


スリランカから近いインドに駐在している知人いわく、駐在の奥さま方はスリランカへ行くと、必ずといっていいほどノリタケのアウトレットに立ち寄って、大量に食器を買い込むのだとか。


うーんわかるわぁと、完全に欲しくなっちゃったところで、見つけてしまいました。

コロンボ市内のノリタケショップで一目惚れしたけど、わりと高かったからどうしよーと悩んでいたのと全く同じティーカップとソーサーのセット!



で、お買い上げ。笑。

飛行機で持って帰るから割れないように梱包して、ぷりーず、とお願いしたら結構丁寧に包んでくれて、無事割らずに持ち帰ることができました。


ちなみに料金は、日本の通販サイトの価格と比較したところおよそ半額くらい。


自宅で使える旅の思い出の品としてもいい感じです。

画像の紅茶は、現在、私的暫定1位のスリランカ産紅茶「アールグレイルフナ茶」、ハマり中。





スリランカのお土産にもおすすめ


ショップ内はいろんな種類の食器がありましたが、おすすめはやはりティーカップ。


お皿だと数枚セットで欲しくなるし、ティーポットのような大きなものは持ち帰るのにかなりの気合が必要です。

ティーカップは普段使いがしやすいし、カップルでお揃い2個セットとか、一緒に行った友人と記念に色違いで買うとか、スリランカの紅茶とノリタケのティーカップをセットで土産にするなんていうのもシャレてると思います。


ということで、他のティーカップもちらっと紹介。


カラフルな象さんの置物も。ペーパーウェイトなんかによさそうです。

有名なキャンディのペラヘラ祭りでは、こんな装飾をした象さんたちが街中を歩きます。



シーギリヤとキャンディの両方へ行かれる方は、途中の休憩がてらにノリタケアウトレットへのお立ち寄り、結構おすすめです。


(なんだかんだ欲しくなっちゃうので、買うときは持ち帰れるキャパにご注意を)





INFOMATION


【営業時間】

9:00〜17:00 (日曜のみ14:00クローズ)


【所要時間】

30〜60分



*2017年9月時点 (撮影は2015年12月頃)


ページトップへ戻る