スリランカナビ|ABBY スリランカの空港って何があるの?お土産編 ショッピング|SRILANKA NAVI

スリランカナビ

スリランカの観光情報ならスリランカナビ SEVENGARDEN GUESTHOUSE

MENU CLOSE

ショッピング 2018/07/01

お土産 雑貨 紅茶(セイロンティー) アーユルヴェーダ 空港 お役立ち情報

スリランカの空港って何があるの?お土産編

買い忘れたお土産は空港で買える!


こんにちは、ABBYです。


スリランカのお土産は、街中の紅茶屋さんやスーパーマーケットで買う人が多いようで、確かに種類も多いし、何よりお土産を選ぶのも旅の楽しみのひとつだったりしますよね。


でも帰国間際になって、あの人のお土産買い忘れたーとか、そもそも観光にめいっぱい時間使ったからお土産買う時間なかったーとか、ありませんかね?


私はしょっちゅうあります。


で、そんなとき最後の頼みが、空港


なのですが、スリランカのバンダラナイケ国際空港内のお土産ショップ充実度は、他国の国際空港と比較すると正直イマイチな印象でした。


ただここ数年、出発エリアがだんだん充実し始めていて、(イミグレ通るまではまだちょっと微妙だけど)いいかもーと思えるお土産屋さんも増えてきたので、忘れっぽいアナタと自分の備忘のために紹介しておきます。


ちなみに、到着エリアの充実はまだ期待してはいけません、あしからず。





スリランカ土産といえば、やっぱり紅茶!


Dilmah(ディルマ)


(看板光っちゃってるけど)スリランカの超有名紅茶ブランド、ディルマ。

スリランカ国内はもちろん、日本や海外のホテル、飲食店なんかでもよく見かける世界的なブランドです。

逆に言えば、スリランカじゃなくても手に入っちゃうんですが、そこはやっぱり本場なので、品揃えが充実してて、当然お値段も海外で買うよりお安いと思います。


【Dilmahはこんな人におすすめ】

味もブランドも王道が安心という方




Zesta(ゼスタ)


日本ではあまり知られていないようですが、スリランカでは大手スーパーから村の小さな商店まで、遭遇率ほぼ100%のゼスタ。

ホームステイ先のママいわく、美味しくてコスパがいい、定番のロングセラーブランドなんだとか。

最近は観光客向けにも力を入れているようで、味のバリエーションやパッケージなんかも新しいものを目にするようになりました。えっゼスタいつのまにこんなハイカラに?みたいな(失礼w)

味は紅茶の国の国民に長年愛されているという点からも推して知るべし。


【Zestaはこんな人におすすめ】

せっかくスリランカにきたならスリランカらしい紅茶をと考えている方




TEA TANG(ティータン)


写真では奥に写っちゃってますが、これまた人気ブランドのティータン。

カラフルな格子柄っぽいパッケージが可愛くて、全缶揃えたくなります。

パッケージだけでなく味も洗練されていて、雑味や渋みが少なくスッと飲みやすい印象です。(もちろん淹れ方にもよりますし、あくまでも個人の感想なのでクレームは受け付けません)


【TEA TANGはこんな人におすすめ】

特別な人(もしくは自分へのご褒美に)にオシャレで飲みやすい紅茶を買いたい方




Tea&Herb Company(ティーアンドハーブカンパニー)


先ほどのティータンの手前に写っていた、ティーアンドハーブカンパニー。

こちらは比較的新しいブランドですが、スーパーや紅茶局のショップではすでに定番商品の座を射止めているようです。

フレーバーティーやハーブティーが充実していて、パッケージも小分けだったり、パステルっぽい色使いだったり、女性受けもよさそう。

斬新な商品だけでなく、紅茶のイロハを教えてくれるツアーも開催していたりと、紅茶の可能性を教えてくれる注目のブランドです。


【Tea&Herb Companyはこんな人におすすめ】

色々な味を試してみたい方

会社の女子社員へのお土産をお探しのおじさま




ABBYおすすめカシューナッツ


ここまで紅茶の話をしてきてなんですが、じゃあABBYはどれ買うの?と聞かれたら、ごめんなさい、私はカシューナッツを買いますw


いや、確かに紅茶は美味しいし安いし種類も豊富で、ばらまき土産にも最適だと思うのですが、自分用にはカシューナッツ一択です。

スリランカのカシューナッツは甘みがあって、そこにソルトとかチリとか塩っ気のある味付けがマッチして、めっちゃウマイんです。


なんでお土産用に買わないかというと、単純に高いから…(ケチですみませんね)

一番小さいフタ付き容器のでも1,000円くらいします。そして食べ出したら止まらないので、あっという間になくなります。。


もしお土産用に買うなら、例えばカシューナッツ村とかで買うともっと安く手に入るのですが、残念ながらここはすでに帰りの空港。

なのでここでは自分用以外は、仕事上よくしておきたい人か、もしくは好きな人にしか買いません!

「空港で買ったのー」とABBYからカシューナッツを渡された人は、上記いずれかに当てはまりますので、えっどっち?とドキドキしてください。


【カシューナッツはこんな人におすすめ】

自分用!

紅茶飲まなそうな人へのお酒のつまみをお探しの方

お財布に余裕のある方





雑貨やDUTY FREEもあります


個人的に食べられるお土産以外は興味ないのですが、このブログをご覧いただいている方の中には、可愛い雑貨とか空港定番のDUTY FREEとかをお探しの方もいるかなと思いまして、下記に紹介します。


SPA CEYLON(スパセイロン)


スリランカ国内、特にコロンボにはスパやショップが増えてきているので、旅行中見かけた方も多いはず。

パッケージがオシャレ可愛いだけでなく、ハンドクリームや石鹸など、種類も香りも豊富なので、選ぶ方もワクワクしますね。

本格的なアーユルヴェーダというより、レモングラスやジャスミン、ココナッツといった定番の香りも多いので、抵抗なく喜んでもらえそう。

出国後のエリアなのでボトルに入ったマッサージオイルも安心して買えます。(乗り継ぎある方は要注意)




ODEL(オデール)


こちらもコロンボやキャンディなど、観光エリアで人気のショップ。

シンプルなデザインの象さんTシャツが人気のようです。

カラフルなTシャツは子ども向けのお土産にもよさそう。




その他雑貨屋さん


シンハラ語のTシャツやサリーなどローカルっぽい雰囲気。

根強いファンの多いシッダレパのアーユルヴェーダバームサマハンが置いてあるところはさすがです。

(バームとかサマハンって?という方はこちら




DUTY FREE


そこのお父さん、奥さんから空港でDiorのリップ買ってきてねって頼まれてませんでした?

よーく思い出して、スリランカで買うならここがラストチャンスです。




このお土産情報は2017年時点なので、今後お店が入れ替わる可能性もあります。


急速に成長しているスリランカではお店や商品の値段が急に変わることはよくあるので、絶対に買いたいお土産がある人は見つけた時に買っておくのが確実です。


とは言いつつも、今後も徐々に充実していきそうな気配のある空港、お土産を買い忘れた人の強い味方になってくれること間違いなしだと思います。



以上、スリランカ空港のお土産紹介でした。


ページトップへ戻る