スリランカナビ|yama コロンボのオアシス!ゴールフェイス広場の楽しみ方 体験|SRILANKA NAVI

スリランカナビ

スリランカの観光情報ならスリランカナビ SEVENGARDEN GUESTHOUSE

MENU CLOSE

体験 2018/02/20

絶景 穴場 ローカルフード

コロンボのオアシス!ゴールフェイス広場の楽しみ方

コロンボの名所!海岸沿いの開放感あふれる広場


こんにちは。


今日もひとり旅でグルメを堪能するあざらし、yamaです。


今回は都会コロンボのオアシス「ゴールフェイスグリーン」

通称、ゴールフェイス広場を紹介します!



ゴールフェイス広場は、インド洋に面する海岸線沿い、

キングスバリーホテルとゴールフェイスホテルの間に広がるエリアです。


一面に芝生が敷き詰められ、道路との境界線には椰子の木が並びます。

ゴールフェイスグリーンの名の通り、緑が気持ちいい公園のような場所。


不動産が高騰するコロンボ市内の

しかもこんな一等地のど真ん中に広がるひろーーーーい空間!

もちろん入場無料!入り浸りOK!なんという贅沢・・・



ゴールフェイス広場では、観光客が昼寝をしたり、食べ歩きをしたり、

地元の人たちが凧上げをしたり、海岸で磯遊びをしたり・・・

2009年まで内戦が続いていたなんて信じられないような

まさに「平和」を絵にしたような光景で和みます。


足だけ海に入ってはしゃぐ子どもたち、と大人たち。



飲み物やアイスクリーム、ちょっとしたスナック菓子なんかも売られています。



初めて訪れたときは、日常から解放されたような気分になり

みんなが全力でくつろいでいる中を、全力でダッシュしたあざらし。


ただし、日陰がないので日中は殺人的な暑さです。

ダッシュするなら、午前中か夕方がおすすめ。


特に夕方のゴールフェイス広場はかなーーーりおすすめ!

なぜなら・・・



ゴールフェイス広場最大の見所はサンセット!

実はこれ自作のフォトブックから抜粋した画像。

あまりにきれいな光景だったので本にしちゃいました。


広大なインド洋に沈んでいく夕日を遮るものはなく

こんなサンセット日本でもなかなか見られないんじゃないか

というくらいの迫力に圧倒されます。


子どもの頃、海の近くに住んでいたので

元旦の早朝、まだ薄暗い中チャリンコを飛ばし

海から昇る日の出を見に行ったものですが、そのときよりもはるかに感動。

(単に年取って感傷的になってるだけだったりして)


観光客も地元の人もみんなインド洋を眺めていました。



ちなみに、コロンボの日没時刻は17:50〜18:20くらい

コロンボは島の西側に位置しているので日の出は拝めません。

スリランカのサンライズなら東側のビーチとかよさそうですが

南のゴールでも先端の灯台からは日の出を見ることができます。


コロンボの月別サンセットタイムを調べてみました。

夕日を見たい方はこの時刻より前に行きましょう。



ゴールフェイス広場の屋台


グルメあざらしとしてはやっぱりローカルフードが気になるところ。


海老せんべいやワデー(豆のすり身を野菜や香辛料と混ぜてドーナツ型にあげたもの)

ワデーはどこにでもあるスリランカの人気定番おやつです。



こっちは蟹のまんま。

(蟹大好物ですが、まさかの蟹の殻アレルギーなので我慢・・・)





目の前で好きなものを焼いてくれるバーベキュー。

イスとテーブルもあるので座って食べられます。



屋台のお兄さんおすすめの海老せんべいを食べてみることに。


海老とすりつぶした豆の生地がサクッと香ばしくて美味しい!

上にかかっている玉ねぎとチリを混ぜたようなトッピングがいいアクセント。

現地価格だし、これはかなり満足度高し!!



総括


あざらし的には、サンセットの30分くらい前に着くようにして

インド洋と夕日を眺めながらローカルフードを楽しむプランがおすすめです。


最後におまけ、自作のフォトブックより。

(このときの方が確実に痩せてるなぁ・・・)

ページトップへ戻る