スリランカナビ|ABBY 日帰りOK!リゾートでアーユルヴェーダの本格体験 レポート|SRILANKA NAVI

スリランカナビ

スリランカの観光情報ならスリランカナビ SEVENGARDEN GUESTHOUSE

MENU CLOSE

レポート 2017/07/02

アーユルヴェーダ ワッドゥワ

日帰りOK!リゾートでアーユルヴェーダの本格体験

コロンボから日帰りで本格アーユルヴェーダの1日体験ができます


こんにちは、先日アーユルヴェーダデビューをしたABBYです。



アーユルヴェーダって?聞いたことだけはあるよ?という方はまずはこちらをどうぞ↓

「3分でわかる!アーユルヴェーダとは?」



スリランカへ行ったらぜひ本場のアーユルヴェーダをやってみたいですよね。

実際、スリランカナビにもアーユルヴェーダに関するお問い合わせが多く、女性の方のみならず、意外と男性の方にも人気です。



ですが、本来アーユルヴェーダは最低2週間程度必要で、どんなに短くても1週間はないと効果が出にくいとされています。

1週間目でデトックスをして、2週間目で栄養補給をしながらドーシャを整えるのだとか。

なので、本格的なアーユルヴェーダ施設であるほど短期滞在はお断りされることがあるのです。



忙しい日本人にはかなーーーり高いハードル。

最初は私もこの時点で、いやームリっす・・・という感じでした。


でもせっかくスリランカまで来たんだから、いやーなんとかならないっすかね・・・という思いは消えず。



アーユルヴェーダの医師によると、さすがに1日だと体調面の効果は難しいがストレスリリースといった精神面の効果は期待できるとのこと。


ならばということで、時間はないけど日帰りでアーユルヴェーダを体験してみたい!しかも本格的なやつを、海が見えるリゾートで、食事とヨガ付きで!という超絶ワガママなお願いを聞いてくれるアーユルヴェーダを見つけたのでご紹介します!





1934年創業!アーユルヴェーダの老舗ブランド


日帰り体験なのに”本格的”と書くには理由があります。


実は今回ご紹介するのはスリランカで1934年に創業したアーユルヴェーダの老舗


「シッダレパ アーユルヴェーダ ヘルス リゾート」

(Siddhalepa Ayurveda Health Resort)


基本的にトリートメントを受ける人しか泊まれないアーユルヴェーダ専門のリゾートホテルです。



シッダレパはスリランカ国内の自社工場でオリジナルオイルなどのアーユルヴェーダ製品を製造しています。




その効能の高さは多くのホテルやアーユルヴェーダ施設でシッダレパ製品を採用しているという折紙つき。


おそらくスリランカ人でシッダレパを知らない人はいないんじゃないかというほど、大げさではなく超がつくほど有名な名実ともにスリランカを代表する会社なのです。


シッダレパのリゾートにはこれらの製品を購入できるアウトレットショップもあります。お土産にもgood♩




そのシッダレパでマーケティングマネージャーを務めるウシャン (Ushan) さん


実はウシャンさんはもともとスリランカ観光局にお勤めで、日本のテレビ番組にも出演されたことがあります。

大の親日家で日本語ペラペラ。





日帰りアーユルヴェーダのスケジュール


12:00             シッダレパリゾートに到着*

12:30 - 13:30 アーユルヴェーダランチ*

13:30 - 14:00 ドクターによる問診

14:00 - 16:30 アーユルヴェーダトリートメント

16:30 - 17:00 シャワー&着替え

17:00 - 18:00 ヨガ*

18:00 - 18:30 (晴れてたら)インド洋のサンセット


*ランチ前にもう少しリゾート内でのんびりしたい方は早めに行くこともできます

*月曜はヨガが16:30〜のためヨガ以前の予定がすべて30分繰り上がります

*日曜はヨガがお休みです(料金は変わりません)




12:00 シッダレパリゾートに到着



ランチは12:30〜。


それまでの間はホテル内を散策したり、海辺に行ってみたり、プールサイドでごろんしてみたり、と自由に過ごせます。






12:30 - 13:30 アーユルヴェーダランチ



海沿いに建つオープンエアーのレストランでアーユルヴェーダのレシピに基づいたメニューがいただけます。



個人的にはこのランチがメインじゃないかと密かに思っているほどマジで美味しいです。


なんというか、ひとつひとつはシンプルなのですが、雑穀米をかみしめるような滋味深さがあります。

スリランカカレーも油っぽくなく、ダシやスパイス、ハーブがメインで味付けされていてさっぱり、でも味が薄いってことはなく旨味がしっかりしていてすごい


実は、このランチを食べるためだけにわざわざコロンボから行ったこともあります、笑。



特にアーユルヴェーダライスは他ではなかなかお目にかかれない貴重品、見つけたら必食!


こんな風にまぜまぜして食べるのがスリランカスタイル。


正式なアーユルヴェーダの食事を出すには専任のシェフが必要なので、コロンボ市内でも提供しているところはほぼ皆無。

この味とこの雰囲気はまさにここでしか味わえない贅沢です。



好きなものを好きなだけよそってOKですが、調子にのるとこのあとのアーユルヴェーダで苦しい目にあいますのでほどほどに。(経験者…)




13:30 - 14:00 ドクターによる問診



専用のバスローブに着替え、ドクターと相談しながらトリートメント内容を決めます。



日本語通訳は事前予約で可能ですが、聞き取りやすい英語で話してくれますし、お腹とか頭とかジェスチャーでも伝わるので、意外と片言で伝えられる程度の英語力で大丈夫かと。


あとは、自分の体調を説明する文章や単語を事前に調べておくとよりスムーズかもしれません。


自分のドーシャを教えてもらったり、生活習慣で気をつけることや体質に合った食事のアドバイスも聞けます。




14:00 - 16:30 アーユルヴェーダトリートメント




2時間半たっぷりとアーユルヴェーダを堪能。


オイルマッサージやボディスクラブ、ハーバルバスなど2〜3種類のトリートメントを体験できます。


*シロダーラは非常にデリケートなトリートメントのため正式には日帰りプランでは行われません。




16:30 - 17:00 シャワー&着替え



もちろんシャワー室もあります。


着替えたり、髪の毛を整えたり、お化粧を直したりと女性はやることがあって忙しい、笑。


ヨガのあとでも身支度はできるので、とりあえず17:00からのヨガに間に合うように準備。




17:00 - 18:00 ヨガ



プールサイドで行います。


初心者でもついていける内容でうまくできなくても先生がフォローしてくれます。


この時間になると風も涼しくなってきて気持ちー。




18:00 - 18:30 (晴れてたら)インド洋のサンセット



個人的なおすすめですが、タイミングが合えば目の前のビーチへぜひ。


ボーッと波の音を聴きながらのサンセットタイムは日本で考えるとものすごく贅沢な時間。



広大なインド洋に沈んでいく太陽は圧巻です。


関連するコラム

ページトップへ戻る