スリランカナビ|スリランカの基本情報の記事です。|観光・ツアーの参考にSrilankaNavi

スリランカナビ

スリランカの観光情報ならスリランカナビ SEVENGARDEN GUESTHOUSE

MENU CLOSE

AREA SEACH人気のエリアから探す

スリランカの基本情報の検索結果

    スリランカの観光ベストシーズンはいつ?各エリアの天候の特徴や服装もご紹介!

    基本情報
    スリランカの基本情報の記事を紹介します。 こんにちは!Chieです^^ 海に囲まれた島国スリランカは、国土が北海道の8割程度と比較的コンパクトなので、はじめの印象は1年中暑くて、どのエリアも気温差はないと思っていました。 ですが、実際には2000m級の山々も有する高低差のある国土で、例えば、朝はインド洋のビーチ沿いのホテルで朝食とプールを楽しんで、夜は高原地帯のホテルで暖炉を囲んでディナーといったような、1日で夏休みとクリスマスの雰囲気(と気温)を両方味わうなんてこともできてしまうのです。 さらに、赤道付近から吹く南西モンスーンとペンガル湾から吹く北東モンスーンの影響により雨季と乾季に分かれるため、同じエリアであっても時期によっ...

    お役立ち情報 天気・天候 持ち物

    【図解】観光ビザのオンライン申請方法(ETA)と2020年6月スリランカビザ情報

    基本情報
    スリランカの基本情報の記事を紹介します。 ★スリランカ政府はロックダウンを解除し、日常生活においては新型コロナウイルス拡散防止措置を取りつつ、順次規制緩和を始めています。最新情報は、引き続き外務省や大使館のHP(下記記載)をご参考ください。 ★2020年8月から、観光客の受け入れを再開予定との政府発表がありました。最新のフライト情報は、スリランカバンダラナイケ国際空港HPの離発着スケジュールや、各自ご利用予定の航空会社が発表する情報を確認することをおすすめします。 ★2020年2月以降も観光ビザ無料期間継続中ですが、暫定措置のようですので最新情報はオンライン申請ETAのページにてご確認ください。 ★新型コロナウイルスに関し、スリ...

    空港 ビザ お役立ち情報

    アーユルヴェーダとスパイスの関係を専門家に聞いてみた!簡単なスパイスレシピや豆知識も紹介!

    基本情報
    スリランカの基本情報の記事を紹介します。 こんにちは!Chieです。 今から5000年前の紀元前3000年頃から、使われ始めたとされるスパイス。 同時期にインド大陸で生まれたアーユルヴェーダ医学でも、スパイスは薬として欠かせないものでした。 やがて、シルクロードを経てスパイスがヨーロッパに伝わると、王侯貴族の料理に調味料として使われる機会が増え、度重なる争いで東西交易が難しくなると、貴金属と同等の貴重な献上品となっていきました。 日本では、古くから生姜や山椒がスパイスとして重宝されていたそうで、江戸時代には薬味としてのスパイスが発展し、七味唐辛子など日本独自のスパイスが生まれました。 私自身、アーユルヴェーダを学び始めるまでは、...

    スパイス アーユルヴェーダ

    3分でわかる!スリランカのアーユルヴェーダ

    基本情報
    スリランカの基本情報の記事を紹介します。 アーユルヴェーダとは、世界保健機構(WHO)が認める世界最古の伝統医学のひとつで、スリランカには南インドから仏教と共に伝わったとされています。 スリランカには伝統医療省(通称:アーユルヴェーダ省)という正式な政府機関があり、専門の大学でアーユルヴェーダのドクター(国家資格)を育成するなど、国として知識や技術の伝承に力を入れているため、スリランカのアーユルヴェーダは古来のかたちに近いとも言われています。 また、スリランカにはアーユルヴェーダで使う良質なハーブやスパイスが豊富にあり、インドをはじめ世界各国のアーユルヴェーダ施設に輸出もしています。 アーユルヴェーダでドーシャのバランスを整え健...

    アーユルヴェーダ

    アーユルヴェーダアドバイザーのChieです

    基本情報
    スリランカの基本情報の記事を紹介します。 スリランカナビライターのChieです。 アーユルヴェーダの勉強を始めてから、スリランカに出会い、今では食・文化・自然・人にすっかり魅了されてしまいました。アジアを中心に一人旅をしながら、ローカルの人や文化と触れ合ったり、ありのままの自然を楽しんだり、現地のお酒や美味しいものを食べたりしてきました。 そこで、スパイスを巧みに使いこなすアジア料理にハマり、また治療や美容目的にハーブやスパイスを使う文化を知りました。 体中にターメリックを塗られてサウナに入ったあと、肌がすべすべになっていたり(数日、体が黄色いままでした。笑) 体調を崩したとき、タイムとオレガノをお茶のようにして飲むようにすすめ...

    自己紹介

    「スリランカナビ」編集長のABBYです

    基本情報
    スリランカの基本情報の記事を紹介します。 スリランカナビ編集長のABBY(アビー)です。 スリランカナビとは スリランカの観光に関する情報を発信するサイトです。 スリランカナビのはじまり はじめてスリランカへ行く前に 書籍やインターネットでスリランカのことを調べましたが スリランカに関する情報はまだまだ少ないものでした。 実際に訪れてみると 事前の情報が現地の発展スピードに追いついていなかったり 英語での口コミは日本人の味覚や感覚とは異なることがあったりと 戸惑うことも多くありました。 でもそれは現地に行かなければわからない面白さがあるということでもあり その面白さを少しでも切り取って日本のみなさんにも発信したい と思ったのがス...

    自己紹介

    タクシー革命!コロンボでもウーバー(Uber)が便利!

    基本情報
    スリランカの基本情報の記事を紹介します。 コロンボ不動産です。 昨今のシェアリングエコノミーの代表格ともいわれる 『ウーバー(Uber)』と 『エアビーアンドビー(AirBnB)』。 欧米中心のトレンドかと誤解されがちですが、 ここコロンボでもしっかりと機能しています。 タクシー代わりに使える『ウーバー』。 今回の記事ではコロンボにおけるこの『ウーバー』の使用感についてお伝えします。   スリランカの交通   スリランカの公共交通といえば何といっても 『トゥクトゥク(TukTuk)』 (三輪車なのでスリーウィーラーとも呼ばれる)が代表格。 『トゥクトゥク』を見ないで道路を歩くことは不可能 というぐらいに街中にあふれかえっています...

    タクシー トゥクトゥク

    未知を体感!プロカメラマンに同行するクジラツアー

    基本情報
    スリランカの基本情報の記事を紹介します。 写真家の丸山です。 みなさんはスリランカで 地球史上最大級の動物が観られることをご存知ですか? 実はスリランカは世界有数のクジラの出現スポットであり 私はここ数年、シーズンに合わせて クジラ撮影のためスリランカへ渡っています。 スリランカという小さな島には 世界遺産や大自然、そして人々の魅力がたくさん詰まっています まだ情報が少ないせいか 日本人の方を見かけるのはコロンボや世界遺産の周辺が多く そのエリアを外れると一気に日本人率が下がります。 特にクジラが多くやってくるエリアの海は 一般の観光客が訪れるようなところではないですので (だからこそ自然の生態系が崩れずクジラが集まるのだと思い...

    日本語タクシーチャーター!ドライバーのサミーラさん

    基本情報
    スリランカの基本情報の記事を紹介します。 サミーラさんの観光タクシーチャーターは下記よりお問い合わせいただけます↓↓ 日本語対応!フリーWIFI完備!サミーラタクシー「BLUE LANKA TRAVELS」>> こんにちは、ABBYです。 みなさんはスリランカへ行ったら何をしてみたいですか? せっかくだからできるだけたくさんの世界遺産や名所へ行ってみたい!という方は多いのではないでしょうか。 私も初めてスリランカへ行く前には、少ない日程の中でいかに効率よく観光できるか、地図を片手に何度もシミュレーションをしました。 妄想旅行が趣味なので、それはそれで楽しかったのですが、いざスリランカへ来てみて感じたことは、予想以上に交通が不便で...

    ツアー タクシー 人気

    3分で紅茶党になれる!セイロンティーの豆知識

    基本情報
    スリランカの基本情報の記事を紹介します。 みなさんはコーヒー党?それとも紅茶党? こんにちは、ときどき紅茶党になるABBYです。 スリランカへ来たら紅茶党の方はもちろん、コーヒー党の方も「やっぱ本場は違うわー」と、どこかで聞いたようなセリフをつい言ってしまう。これ、スリランカあるある。 今回は奥深いセイロンティーの世界をざっくりポイントだけご紹介します。年をとるとたくさん覚えられないですからね... これを読めば今日からあなたも紅茶党(のフリができます)! そもそも紅茶とは? 「日本茶」も「ウーロン茶」も「紅茶」も実は原料となるお茶の木は同じ。 違いは発酵時間にあります。 摘み取った茶葉をどのくらい発酵させるかによって、水色(す...

    紅茶(セイロンティー)

    人気観光スポットの入場料を調べてみた

    基本情報
    スリランカの基本情報の記事を紹介します。 こんにちは、ABBYです。 スリランカ旅行でかかる主な費用は、タクシーや列車やバスなどの交通費、ホテルやゲストハウスなどの宿泊費、食事代、お土産代・・・ あと、忘れちゃいけないのが、観光地の入場料です。 多くの場合、入場料には外国人価格とスリランカ人価格があり、観光客は外国人価格。 正直、物価に対して意外とするのね(お財布イタイ)という印象です。 スリランカはコロンボ市内や大きなホテル以外ではクレジットカードが使えないところも多く、観光地の入場料は現金(キャッシュ)が一般的。 基本はスリランカルピーですが、アメリカドルUSDが使えるところもたまにあるようです。 実際に現地で現金が足りなく...

    バワ建築 サファリ 名所 シーギリヤロック ダンブッラ ポロンナルワ アヌラーダプラ ピンナワラ 植物園 ミンネリヤ国立公園 ルヌガンガ ナンバー11 ヴィレッジサファリ お役立ち情報

    往復4万円台!東京コロンボ間の格安航空券試乗レポ

    基本情報
    スリランカの基本情報の記事を紹介します。 こんにちは、ショッピングより食にお金をかけるABBYです。 スリランカへの直行便についてはこちらで紹介しましたが 航空券は安く抑えてその分現地で美味しいものを食べたい! とお思いの方もいらっしゃるはず・・・ そんな同志の方々におすすめしたいのが 直行便よりお得な経由便です。 スリランカを往復できる格安航空券を何度か利用してみた結果 時間的・体力的にも無理なく、意外と使えるなぁと感じたため 今回は、実際に乗ってみた様子をレポートしたいと思います。 格安航空券の入手方法 格安というくらいなので基本は自分でネット予約です。 私がよく使う「スカイスキャナー」は イギリスに本社を置くSkyscan...

    空港 飛行機

ページトップへ戻る