スリランカナビ|スリランカの観光やツアーにおすすめの紅茶(セイロンティー)の記事です。|観光・ツアーの参考にSrilankaNavi

スリランカナビ

スリランカの観光情報ならスリランカナビ SEVENGARDEN GUESTHOUSE

MENU CLOSE

AREA SEACH人気のエリアから探す

スリランカの観光やツアーにおすすめの紅茶(セイロンティー)の検索結果

    おすすめのお土産まとめ「街中のスーパーで買える編」

    ショッピング
    スリランカの観光やツアーにおすすめの紅茶(セイロンティー)の記事を紹介します。 こんにちは、グルメあざらしyamaです。 スリランカに行って意外と困ったのがお土産でした。 デパ地下や温泉街のように「お土産」となる商品が、これでもかと並んでいればどれにしようか悩む楽しみもあるのですが、スリランカのお土産といえば紅茶しか思いつかず。 はじめは紅茶工場でまとめ買いしようと考えていたのですが、お土産として何個も買うにはちょっと高かったし(ケチ?)、小分けになっていないものがほとんどで、オフィスや友人へのバラマキ土産にも向きません。 ちょっとイメージと違うなぁ…ということで却下。 余談ですが、おそらく紅茶工場で直販している紅茶は、茶葉のサイズが大きいOP(オレンジペコー)とい...

    ローカルフード ナビおすすめ お土産 紅茶(セイロンティー) スパイス スーパーマーケット アーユルヴェーダ 人気 穴場 お役立ち情報

    どのセイロンティーが好き?産地別の特徴を解説!

    基本情報
    スリランカの観光やツアーにおすすめの紅茶(セイロンティー)の記事を紹介します。 こんにちは、ABBYです。 「3分で紅茶党になれる!セイロンティーの豆知識」で ご紹介したセイロンティーの産地と特徴。 今回は各産地の特徴をより詳しくみていきます。 その前に・・・紅茶の参考書をご紹介 スリランカで紅茶の生産地を訪れたとき セイロンティーについて教えてもらったのですが セイロンティーと一言でいっても静岡茶と狭山茶くらい別物。 (地元ネタ?わかるかなぁー) せっかくならセイロンティーに限らず 体系的に紅茶のことが知りたいなぁと思い お世話になったのがこちらの本。 出典:http://www.dimbula.net/i/item-045 「紅茶の教科書」というだけあって スリ...

    紅茶(セイロンティー)

    バワホテル「Heritance Kandalama」滞在記

    レポート
    スリランカの観光やツアーにおすすめの紅茶(セイロンティー)の記事を紹介します。 一度行ってみたかったスリランカ! 旅行に行くときは泊まりたいホテルから探して 目指す場所を決めるというホテル重視派の私。 今回、スリランカに行くと決めたものの いざ調べてみるとスリランカには素敵なホテルの数々。数々。。数々。。。 ここもいいな! あっ、こっちもいい!!  いや、ここも!!!う~ん。どうしよう。 行ってみたいホテルがありすぎて選べない!!! そんな感じでホテル検索に明け暮れていたのですが 1つだけ、ココは絶対に行ってみたいと思ったホテルがあったのです。 それが「ヘリタンス・カンダラマホテル」 世界中を探しても、おそらくここだけであろう ホテルの外壁が全て自然で覆われているデ...

    バワ建築 レストラン ビュッフェ スリランカカレー スリランカ料理 紅茶(セイロンティー) アーユルヴェーダ スパ マッサージ 名所 人気 ランチ 絶景 ヘリタンスカンダラマ

    キャンディ近くの紅茶工場見学ツアー「Geragama Tea Factory」

    体験
    スリランカの観光やツアーにおすすめの紅茶(セイロンティー)の記事を紹介します。 ピンナワラの象の孤児院の後に キャンディ近くの紅茶工場「Geragama Tea Factory」を訪れました。 ピンナワラから紅茶工場までは車で1時間ほどで 到着したのは13時頃でした。 1グループに1名、伝統衣装を着た女性が工場内をガイドしてくれます。 英語だったので、4分の1も理解できていないかもしれませんが、 丁寧に案内してくれる印象です。 私たちが行った時には、他に日本人客は居ませんでした。 最初に案内してくれる部屋(受付から1フロア下ります) 摘み取った茶葉を並べて、乾燥させているようです。 次はもう1フロア下がって、乾燥した茶葉を大きさ別に仕分けする部屋へ。 画像左に見える...

    お土産 紅茶(セイロンティー) 紅茶工場

    超絶おすすめ「アールグレイルフナ紅茶」秘話【前編】

    レポート
    スリランカの観光やツアーにおすすめの紅茶(セイロンティー)の記事を紹介します。 こんにちは、ABBYです。 今回は、個人史上No.1アールグレイ 「アールグレイルフナ紅茶」の生産を始めた 日本のNGO「PARCIC」(以下、パルシック)の高橋さんに 詳しいお話をお聞きします。 と、その前に。 スリランカの人がどれだけ紅茶を飲んでいて どれだけ紅茶にうるさいか、についてちょっと説明。 初めてスリランカを訪れたとき驚いたのが いつでもどこでも本当にみんな紅茶を飲んでいるということ。 1日平均5杯、当時2ヶ月ほど滞在していたので 合計300杯は飲んだでしょうか。 5杯の内訳は 1朝、2午前のティータイム、3昼、4午後のティータイム、5夜 それ以外にも、誰かの家を尋ねれば、...

    ナビおすすめ お土産 紅茶(セイロンティー)

    超絶おすすめ「アールグレイルフナ紅茶」秘話【後編】

    レポート
    スリランカの観光やツアーにおすすめの紅茶(セイロンティー)の記事を紹介します。 スリランカ南部にある紅茶の名産地デニヤヤから生まれた 人気の「アールグレイルフナ紅茶」生産を指導している NGOパルシックの高橋さん。 前編では有機栽培の支援を始められた理由についてお伺いました。 後編ではなぜこんなに美味しいアールグレイができたのか その生産過程のこだわりについてお聞きします。 なぜストレートではなくアールグレイなのでしょうか? 栽培方法を改善し 本当に美味しい茶葉を収穫できるようになったのですが ルフナ茶は日本ではまだ流通量が少なくマイナーな紅茶です。 しかもルフナ茶独特の甘い香りは 淹れ方によっては草っぽく感じる方もいることがわかり 日本でも手軽に美味しいルフナ茶を...

    ナビおすすめ お土産 紅茶(セイロンティー)

    スリランカで一番人気のルフナ茶とは

    グルメ
    スリランカの観光やツアーにおすすめの紅茶(セイロンティー)の記事を紹介します。 NGOパルシックの高橋です。 スリランカには紅茶の5大産地※と呼ばれる有名な産地があります。 それぞれの産地で取れる紅茶は気候や標高 加工工程の違いなどでそれぞれの特徴があります。 その5大産地紅茶の一つがルフナ紅茶です。 ルフナというのは、現在使われている地名ではなく 紀元前にスリランカ南部に栄えたルフナ王国からきています。 他の産地に比べて標高が低く400から500メートルで 低地茶ともいわれたりします。 ※最近は7大産地とも言われます。 ルフナ茶の一大産地デニヤヤ さて、私が駐在していたデニヤヤは ルフナ紅茶の産地として有名なところです。 自然世界遺産シンハラージャ森林の南側に接し...

    お土産 紅茶(セイロンティー)

    オーガニックのセイロンティーを作っている高橋です

    基本情報
    スリランカの観光やツアーにおすすめの紅茶(セイロンティー)の記事を紹介します。 アーユーボワン(こんにちは)!※ スリランカの南部デニヤヤで、紅茶農家による有機栽培での紅茶づくり支援をしている日本のNGOパルシックの高橋です。 私は2011年からデニヤヤに駐在し、農薬や化学肥料を使わずに紅茶栽培をしたい小規模農家に対して、技術向上や市場へのアクセス、商品開発などの支援をしています。 このコラムでは、ジャングルの中で、マンゴーやパパイヤなどの果物、コショウやシナモンなどのスパイスと一緒に栽培 されている紅茶の様子、農家の様子、スリランカの超田舎での生活などをご紹介させていただきます。 より、詳しくはパルシックのHPもぜひご覧ください。 ※スリランカでは3種類の言葉(シ...

    紅茶(セイロンティー) 自己紹介

    3分で紅茶党になれる!セイロンティーの豆知識

    基本情報
    スリランカの観光やツアーにおすすめの紅茶(セイロンティー)の記事を紹介します。 みなさんはコーヒー党?それとも紅茶党? こんにちは、ときどき紅茶党になるABBYです。 スリランカへ来たら紅茶党の方はもちろん コーヒー党の方も 「やっぱ本場は違うわー」と どこかで聞いたようなセリフをつい言ってしまう これ、スリランカあるあるです。 今回は奥深いセイロンティーの世界を ざっくりポイントだけご紹介します。 年とるとたくさん覚えられないですからね... これを読めば今日からあなたも紅茶党(のフリができます)! そもそも紅茶とは? 「日本茶」も「ウーロン茶」も「紅茶」も 実は原料となるお茶の木は同じ。 違いは発酵時間にあります。 摘み取った茶葉をどのくらい発酵させるかによって...

    紅茶(セイロンティー)

ページトップへ戻る