スリランカの観光情報ならスリランカナビ SEVENGARDEN GUESTHOUSE

MENU CLOSE

AREA SEACH人気のエリアから探す

sitemapの検索結果

    3分でわかる!スリランカのアーユルヴェーダ

    基本情報
    sitemapの記事を紹介します。 アーユルヴェーダとは、世界保健機構(WHO)が認める世界最古の伝統医学のひとつで、スリランカには南インドから仏教と共に伝わったとされています。 スリランカには伝統医療省(通称:アーユルヴェーダ省)という正式な政府機関があり、専門の大学でアーユルヴェーダのドクター(国家資格)を育成するなど、国として知識や技術の伝承に力を入れているため、スリランカのアーユルヴェーダは古来のかたちに近いとも言われています。 また、スリランカにはアーユルヴェーダで使う良質なハーブやスパイスが豊富にあり、インドをはじめ世界各国のアーユルヴェーダ施設に輸出もしています。 アーユルヴェーダでドーシャのバランスを整え健...

    アーユルヴェーダ

    【図解】観光ビザのオンライン申請方法(ETA)と2020年4月スリランカビザ情報

    基本情報
    sitemapの記事を紹介します。 ★スリランカ政府は、新型コロナウイルス拡散防止措置として、引き続き4月1日以降も一部エリアや時間帯において外出禁止令を発令しています。これを受け、観光を含むスリランカ国内の移動や物資の供給等にも影響が出ています。最新情報は外務省や大使館のHP(下記記載)をご参考ください。 ★最新のフライト情報は、スリランカバンダラナイケ国際空港HPの離発着スケジュールや、各自ご利用予定の航空会社が発表する情報を確認することをおすすめします。 ★2020年2月以降も観光ビザ無料期間継続中ですが、暫定措置のようですので最新情報はオンライン申請ETAのページにてご確認ください。 ★新型コロナウイルスに関し、ス...

    空港 ビザ お役立ち情報

    ニゴンボエリアで5000円前後のおすすめ人気ホテルTOP5

    ホテル
    sitemapの記事を紹介します。 成田からの直行便をはじめ、夕方以降に到着する便も多いスリランカ。 空港周辺はお店やら街灯やらが少ないせいか、19時を過ぎるころには外は真っ暗。 シーギリヤやキャンディへの道は街灯も少なくもっと真っ暗なので(しかもシーギリヤまでは4-5時間かかるので到着が夜中になる)、夕方以降に到着する場合は空港周辺で1泊するのがおすすめです。 じゃあコロンボに泊まるか、となりがちですが、ちょっと待ったー! 通称コロンボ空港と呼ばれるせいか、空港はコロンボにある!と思われがちですが、コロンボの中心地までは約40km、高速を使っても車で1時間前後かかります。 翌朝からシーギリヤ、アヌラーダプラ、キャンディへ...

    ゲストハウス ナビおすすめ 人気 絶景 ランキング

    アーユルヴェーダアドバイザーのChieです

    基本情報
    sitemapの記事を紹介します。 スリランカナビライターのChieです。 アーユルヴェーダの勉強を始めてから、スリランカに出会い、今では食・文化・自然・人にすっかり魅了されてしまいました。アジアを中心に一人旅をしながら、ローカルの人や文化と触れ合ったり、ありのままの自然を楽しんだり、現地のお酒や美味しいものを食べたりしてきました。 そこで、スパイスを巧みに使いこなすアジア料理にハマり、また治療や美容目的にハーブやスパイスを使う文化を知りました。 体中にターメリックを塗られてサウナに入ったあと、肌がすべすべになっていたり(数日、体が黄色いままでした。笑) 体調を崩したとき、タイムとオレガノをお茶のようにして飲むようにすすめ...

    自己紹介

    「スリランカナビ」編集長のABBYです

    基本情報
    sitemapの記事を紹介します。 スリランカナビ編集長のABBY(アビー)です。 スリランカナビとは スリランカの観光に関する情報を発信するサイトです。 スリランカナビのはじまり はじめてスリランカへ行く前に 書籍やインターネットでスリランカのことを調べましたが スリランカに関する情報はまだまだ少ないものでした。 実際に訪れてみると 事前の情報が現地の発展スピードに追いついていなかったり 英語での口コミは日本人の味覚や感覚とは異なることがあったりと 戸惑うことも多くありました。 でもそれは現地に行かなければわからない面白さがあるということでもあり その面白さを少しでも切り取って日本のみなさんにも発信したい と思ったのがス...

    自己紹介

    スリランカの電気製品はシンガポールからこっそりやってくる!?

    sitemapの記事を紹介します。 「スリランカはインドとFTAを結んでいるから産業が延びる!」 と言われるのを耳にすることがあります。 今回は、 「ところでFTAって?」 「どうしてそれで産業が盛んになるの?」 というお話です。 回りくどいですが、まずはインドのお話から。。。 インドの輸入関税 スリランカに自動車を輸入するときの税金が高いのは以前のコラムに書きました。 『新車プリウスが600万以上!それでも売れる日本車ビジネスの裏側』 実はインドでは車に限らず多くのモノに対する輸入関税が高いのです。 品目にもよりますがいろんな名目の関税をすべて足すと約30%。 さらに州税 (VAT) の15%が乗ると、商品価格は50%近...

    新車プリウスが600万以上!それでも売れる日本車ビジネスの裏側

    sitemapの記事を紹介します。 コロンボ不動産です。 スリランカを走る自動車はすべて輸入車です。 バリエーションは多いですが、なかでも日本車やインド車の比率が高いです。 トヨタ、スズキ、タタ、などなど。 スリランカはハイブリッド車天国!? コロンボを走る路線バスや業務用の車両はおんぼろなのが多い。。。 ときには日本語の表示が書かれた車両がそのまま走っていて、この車もいろんなところで働かされてるんだなぁ、と感慨に浸ることもしばしば。 しかし一般の乗用車は比較的新しくてきれいな車両が多いのです。 しかもトヨタ のプリウスやアクア、ホンダのフィットなどのハイブリッド車の割合が大きい。 ウーバー(過去記事参照)を利用する際も、...

    お土産に最適!カシューナッツを食べ比べてみた

    sitemapの記事を紹介します。 コロンボ不動産です。 塩味、ガーリック味、チーズ&オニオン味、バーベキュー味、 激辛味、サワークリーム味、トマト味・・・ ポテトチップではありません。 スリランカ名物 カシューナッツです。 『ロイヤルカシュー』、『ランクリスプカシュー』の大手2社が いろんな味のカシューナッツを商品化しています。 量り売りをしてくれるので 少しずついろんな味を楽しむことができるのが魅力。 きちんとパックしてくれるのでお土産に持ち帰るのもいいし、 いろんな味を買い込んでビーチでビールのつまみにするのもGOOD! ちなみにランクリスプカシューでは、100グラムで380ルピーから。 冒頭に激辛と書いたものは、『...

    スリランカ全土を挙げてのお祭り『ウェサック』は夜に盛り上がる!

    sitemapの記事を紹介します。 コロンボ不動産です。 スリランカでは毎月満月の日はお休みです! ↑嘘のような話ですが、 仏教徒にとって満月の日は ポヤデーと呼ばれて お寺に参拝する特別な日なのです。 ちなみにポヤデーには、 どこに行っても酒は売ってくれません。 レストランでもこの日ばかりは酒が出ません。 我慢できない酒好きたちは 前日までに酒を買い込んで家飲みする これまた特別な日になります。 ところで満月の日が祝日だとすると 少なくとも年12日は休みになります。 ちょっと古いですが国別の年間祝日数を 調べたデータがあるのでご覧ください↓↓↓ http://www.mercer.co.jp/newsroom/2014-...

    『シナモンレッド 』コスパ重視のホテルならここ!

    sitemapの記事を紹介します。 コロンボ不動産です。 シナモンレークサイド (Cinnamon Lakeside Colombo) シナモングランド (Cinnamon Grand Colombo) ヒルトン (Hilton Colombo) タージサムドラ (Taj Samudra) ゴールフェースホテル (Galle Face Hotel) キングスバリー (The Kingsbury) コロンボ市内には上に挙げたように 4つ星、5つ星のホテルはたくさんあるのですが、 3つ星クラス、 日本でいうビジネスホテルクラス のホテルは少ないのです。 そんな中で数少ない3つ星ホテルの一つ 『Cinnamon Red (シナモ...

    タクシー革命!コロンボでもウーバー(Uber)が便利!

    基本情報
    sitemapの記事を紹介します。 コロンボ不動産です。 昨今のシェアリングエコノミーの代表格ともいわれる 『ウーバー(Uber)』と 『エアビーアンドビー(AirBnB)』。 欧米中心のトレンドかと誤解されがちですが、 ここコロンボでもしっかりと機能しています。 タクシー代わりに使える『ウーバー』。 今回の記事ではコロンボにおけるこの『ウーバー』の使用感についてお伝えします。   スリランカの交通   スリランカの公共交通といえば何といっても 『トゥクトゥク(TukTuk)』 (三輪車なのでスリーウィーラーとも呼ばれる)が代表格。 『トゥクトゥク』を見ないで道路を歩くことは不可能 というぐらいに街中にあふれかえっています...

    タクシー トゥクトゥク

    未知を体感!プロカメラマンに同行するクジラツアー

    基本情報
    sitemapの記事を紹介します。 写真家の丸山です。 みなさんはスリランカで 地球史上最大級の動物が観られることをご存知ですか? 実はスリランカは世界有数のクジラの出現スポットであり 私はここ数年、シーズンに合わせて クジラ撮影のためスリランカへ渡っています。 スリランカという小さな島には 世界遺産や大自然、そして人々の魅力がたくさん詰まっています まだ情報が少ないせいか 日本人の方を見かけるのはコロンボや世界遺産の周辺が多く そのエリアを外れると一気に日本人率が下がります。 特にクジラが多くやってくるエリアの海は 一般の観光客が訪れるようなところではないですので (だからこそ自然の生態系が崩れずクジラが集まるのだと思い...

ページトップへ戻る