スリランカの観光情報ならスリランカナビ SEVENGARDEN GUESTHOUSE

MENU CLOSE

AREA SEACH人気のエリアから探す

sitemapの検索結果

    スリランカのクジラを撮影している丸山です

    基本情報
    sitemapの記事を紹介します。 写真家の丸山です。 スリランカに年3~4回通って シロナガスクジラ、マッコウクジラ、ニタリクジラなどの撮影をしています。 他にスリランカのゾウや動植物も撮影します。 取材同行という形で クジラを間近で見たい!という方たちを受け入れています。 クジラたちと一緒に泳ぎたい!という方はぜひFaceBookよりご連絡ください! クジラ撮影の画像や詳しいスケジュールなど随時更新しています。 丸山太一のFaceBookページはこちら

    自己紹介

    シーギリヤでビレッジサファリ体験「Sigiriya Village Safari Tour」

    体験
    sitemapの記事を紹介します。 Sigiriya Rock見学後 Geoffrey Bawa設計のHeritance Kandalama Hotelに行く予定でしたが ドライバーのサミーラさんの提案で Sigiriya Rockから近いSigiriya Village Safari Tourへ行くことにしました。 バワ建築については Bentotaのバワホテル「AVANI Bentota Resort & Spa」に宿泊予定で コロンボでもバワの居宅であったNumber11を訪問予定でしたので計画変更。 スリランカの田舎暮らしを体験できるらしいという期待です。 水牛の牛車に乗って牛使い気分 まず、ひとこぶ水牛が引く牛車...

    ローカルフード サファリ

    キャンディ近くの紅茶工場見学ツアー「Geragama Tea Factory」

    体験
    sitemapの記事を紹介します。 ピンナワラの象の孤児院の後に キャンディ近くの紅茶工場「Geragama Tea Factory」を訪れました。 ピンナワラから紅茶工場までは車で1時間ほどで 到着したのは13時頃でした。 1グループに1名、伝統衣装を着た女性が工場内をガイドしてくれます。 英語だったので、4分の1も理解できていないかもしれませんが、 丁寧に案内してくれる印象です。 私たちが行った時には、他に日本人客は居ませんでした。 最初に案内してくれる部屋(受付から1フロア下ります) 摘み取った茶葉を並べて、乾燥させているようです。 次はもう1フロア下がって、乾燥した茶葉を大きさ別に仕分けする部屋へ。 画像左に見える...

    お土産 紅茶(セイロンティー) 紅茶工場

    超絶おすすめ「アールグレイルフナ紅茶」秘話【前編】

    口コミ
    sitemapの記事を紹介します。 こんにちは、ABBYです。 今回は、個人史上No.1アールグレイ 「アールグレイルフナ紅茶」の生産を始めた 日本のNGO「PARCIC」(以下、パルシック)の高橋さんに 詳しいお話をお聞きします。 と、その前に。 スリランカの人がどれだけ紅茶を飲んでいて どれだけ紅茶にうるさいか、についてちょっと説明。 初めてスリランカを訪れたとき驚いたのが いつでもどこでも本当にみんな紅茶を飲んでいるということ。 1日平均5杯、当時2ヶ月ほど滞在していたので 合計300杯は飲んだでしょうか。 5杯の内訳は 1朝、2午前のティータイム、3昼、4午後のティータイム、5夜 それ以外にも、誰かの家を尋ねれば、...

    ナビおすすめ お土産 紅茶(セイロンティー)

    超絶おすすめ「アールグレイルフナ紅茶」秘話【後編】

    口コミ
    sitemapの記事を紹介します。 スリランカ南部にある紅茶の名産地デニヤヤから生まれた 人気の「アールグレイルフナ紅茶」生産を指導している NGOパルシックの高橋さん。 前編では有機栽培の支援を始められた理由についてお伺いました。 後編ではなぜこんなに美味しいアールグレイができたのか その生産過程のこだわりについてお聞きします。 なぜストレートではなくアールグレイなのでしょうか? 栽培方法を改善し 本当に美味しい茶葉を収穫できるようになったのですが ルフナ茶は日本ではまだ流通量が少なくマイナーな紅茶です。 しかもルフナ茶独特の甘い香りは 淹れ方によっては草っぽく感じる方もいることがわかり 日本でも手軽に美味しいルフナ茶を...

    ナビおすすめ お土産 紅茶(セイロンティー)

    【図解】入国カードの書き方(EDカード)

    基本情報
    sitemapの記事を紹介します。 ABBYです。 スリランカの入国にはビザと入国カードが必要です。 *ビザの詳しい申請方法はこちら↓ 【図解】観光ビザのオンライン申請方法(ETA) 入国カード(Arrival  Card)とは 出入国審査カウンター(イミグレーション)で 審査官に提出する書類です。 正式には、Embarkation Disembarkation Card (EDカード、入国出国カード)といいますが スリランカで必要なのは入国カードだけ、出国カードは不要です。 入国カードは、通常行きの機内で配られます。 もし、もらい忘れたり書き損じたりした場合は イミグレの目の前に並んでいる記入台でもゲットできます。 (中...

    空港 お役立ち情報

    スリランカでは100ルピー札をたくさん持ち歩く!

    sitemapの記事を紹介します。 スリランカの紙幣は、 5,000ルピー、1,000ルピー、500ルピー、100ルピー、50ルピー、20ルピー の6種類があります。(1ルピーはおよそ0.7円。) 硬貨だと10ルピー、5ルピー、2ルピー、1ルピー。 一般的には価格設定が10ルピー単位になっている場合が多く、 スーパーを除けば硬貨をやり取りする頻度は少ないです。 重たいこともあって持ち歩くことは少なく、 お釣りでもらった硬貨はついつい家の中に放置してしまいがちです。 トゥクトゥクに乗るときなど含めて使用頻度が高いのは100ルピー。 こちらに来てから財布の中に100ルピー札が何枚か入ってないと落ち着かなくなってしまいました。 ...

    スリランカで一番人気のルフナ茶とは

    グルメ
    sitemapの記事を紹介します。 NGOパルシックの高橋です。 スリランカには紅茶の5大産地※と呼ばれる有名な産地があります。 それぞれの産地で取れる紅茶は気候や標高 加工工程の違いなどでそれぞれの特徴があります。 その5大産地紅茶の一つがルフナ紅茶です。 ルフナというのは、現在使われている地名ではなく 紀元前にスリランカ南部に栄えたルフナ王国からきています。 他の産地に比べて標高が低く400から500メートルで 低地茶ともいわれたりします。 ※最近は7大産地とも言われます。 ルフナ茶の一大産地デニヤヤ さて、私が駐在していたデニヤヤは ルフナ紅茶の産地として有名なところです。 自然世界遺産シンハラージャ森林の南側に接し...

    お土産 紅茶(セイロンティー)

    オーガニックのセイロンティーを作っている高橋です

    基本情報
    sitemapの記事を紹介します。 アーユーボワン(こんにちは)!※ スリランカの南部デニヤヤで、紅茶農家による有機栽培での紅茶づくり支援をしている日本のNGOパルシックの高橋です。 私は2011年からデニヤヤに駐在し、農薬や化学肥料を使わずに紅茶栽培をしたい小規模農家に対して、技術向上や市場へのアクセス、商品開発などの支援をしています。 このコラムでは、ジャングルの中で、マンゴーやパパイヤなどの果物、コショウやシナモンなどのスパイスと一緒に栽培 されている紅茶の様子、農家の様子、スリランカの超田舎での生活などをご紹介させていただきます。 より、詳しくはパルシックのHPもぜひご覧ください。 ※スリランカでは3種類の言葉(シ...

    紅茶(セイロンティー) 自己紹介

    自分へのご褒美にスリランカジュエリーを

    口コミ
    sitemapの記事を紹介します。 自分への資格試験の合格祝いに。 サイトを見てとても気に入ってブルーとピンクをオーダーしました。 日本ではなかなか見つからないオリジナルな色味とお手頃感! 長く大切にしたいです^ ^ 誕生石のサファイヤをずっと探していたので 気に入った色が選べてとても嬉しいです。 希望の薄めのブルーとピンクをお願いしましたが、 また少し違ったローズやイエローも欲しくなりました! スリランカナビ編集長ABBYの体験記もご参考にどうぞ 「宝石を選んでピアスをオーダーメイドしてみた!」 スリランカへはなかなか行けないけれど ジュエリーをオーダーしたいという方は こちらの記事からお問い合わせください。 サンプルを...

    宝石(ジュエリー)

    【アヌラーダプラ】スリランカ最古の王朝と仏教聖地

    世界遺産
    sitemapの記事を紹介します。 Beyond the Holiday スリランカ編集長の新井です。 スリランカの古代王朝文化が栄えた 文化三角地帯に位置するアヌラーダプラは 今から2500年以上前にスリランカ最古のシンハラ王朝が置かれた古都です。 紀元前250年頃にインドから仏教が伝来したのもアヌラーダプラとされ スリランカの仏教徒にとっては特別な地でもあります。 アヌラーダプラは1000年以上もの長期にわたり栄えた王朝ですが その長い歴史にはいまだ解明されてない不明瞭な点が多く残されています。 すでに発掘・解明された遺跡群は観光に彩を添え 現代を生きるわれわれの想像力をかき立ててくれます。 1982年、ユネスコ世界遺...

    アヌラーダプラ

    「Beyond the Holiday スリランカ」編集長の新井です

    基本情報
    sitemapの記事を紹介します。 はじめまして、『Beyond the Holiday スリランカ』編集長の新井です。 スリランカの観光ガイドブック、シンハラ語の学習書籍、紅茶農園の労働事情、 スリランカ鉄道旅行、スリランカのビジネスアイディアなど、 スリランカにまつわる書籍を発行しております。 実質は1人出版社でして、執筆・編集・デザイン・入稿・流通・管理を全てやってます。 詳しくはこちら「スリランカ」2015年改訂版 (Beyond the Holiday) また、気紛れなタイミングですがシンハラ語学習教室を開催しております。 長年スリランカに関わってきた経験を踏まえ スリランカの世界遺産や鉄道に関する情報を中心に ...

    自己紹介

ページトップへ戻る